2020年6月29日月曜日

【Illustrator】ライブペイントで複雑な形状パスをベタ塗りする裏ワザ


【Illustrator】ライブペイントで複雑な形状を

ベタ塗りする裏ワザ

作業を速くするために、ライブペイントで色塗りする手順を紹介します

学校などで直接教えてくれるところは少ないと思います。


同じ色でパスで囲った部分に色塗りする手間を省きます。
今回は少し退屈な基礎的なことではなく、裏技を紹介します。
ひとっとびに、覚えておくと私の場合はワクワクしてモチベーションアップに
繋がったので、出来ると気持ち良いので、やってみてください。

上の様な、複雑な形状の色塗をする時に活躍する「ライブペイント」
ライブペイントは囲まれたパスの一個一個に好きな色を着色できる便利機能ですが

通常の使い方ではなく、複雑な形状を一色で簡単にベタ塗りします。

①左側のツールバーで「長方形ツール」を選択

②イラスト全体を囲み、長方形を作成

③イラストと長方形を選択ツールで囲み選択


④ツールバーの「シェイプ形成ツール」を長押し

その中の「ライブペイントツール」を選択
⑤スウォッチから塗りたい色を選択 
ライブペイントツールでも、shiftを押しながら十字キーでスウォッチの色を選択できる
⑤オブジェクトを全て選択した状態で、ライブペイントで左クリックし枠の中の色を着色

⑥ライブペイントで着色した後に、オブジェクトを選択するとメニューバーに「拡張」ボタンが出てくるため、拡張を押す



⑦「ダイレクト選択ツール」で、着色したイラストの四角枠のポイントを削除


⑦外枠の着色が反転し、イラストの中が一色で一個のパスで綺麗に着色された状態

⑧ライブペイントを使うことで、特有のレイヤ階層になるため整理する
グループが余分に出来ている状態

⑨レイヤグループの階層を開くと、一番下にベタ塗りしたパスが出来ている

レイヤの一番右をアクティブにすると選択状態になるため、出てきた小さい四角を選び
長押ししながら、空レイヤに移動させる
⑩線のイラストグループを選び、右クリックから「グループ解除」

一回グループを解除することで、レイヤの階層が一個減った状態になる


⑪レイヤの名前を変更 

線と着色のレイヤが綺麗に分かれた状態 



これで完成です。
後で色変更したり、線の太さを変えたい時にも
整理された状態で簡単になりますので、上手く活用してみて下さい。 


ポイント!
隙間が出来ている形状は一回では上手く出来ないため、簡単なパーツで分けられるようにデータを作成すると、後でグループごとにレイアウトで重ねて表現できる。
ひとかたまりの形状で活用できる裏技




0 件のコメント:

コメントを投稿