2020年8月27日木曜日

【国際アニメ】アニメーションを見て楽しむ、参加して楽しむ

 





今回は、私の趣味として楽しんでいる、気鋭の作家、監督が手掛ける

海外のアニメーション祭りを紹介します。


ここ最近は映像編集ブームですが

やっぱりアニメーションも楽しいですよね。

テレビで放送されているのとは違う路線で、

日本のアニメも、もちろん大好きですが

色々な手法で表現の枠に捉われない国際アニメーションの世界に浸ってみましょうの巻にしてみました。


今年はコロナの影響でオンラインになったりしてます。

私自身、日本で見れる国際アニメーションフェスティバルの時に忙しかったりして逃してしまうこともあります。

忘れないようにするために、まとめてみます。


まず代表的な世界4大国際アニメーションフェスティバル


・世界最大規模のフランスのアヌシー国際アニメーションフェスティバル(毎年6月)

・クロアチアのザグレブ・アニメーション世界映画祭(毎年6月)

広島国際アニメーションフェスティバル(2年に1回)

・カナダのオタワ国際アニメーション映画祭(毎年9月)

時期が近くなると、どこかの映画館、芸術祭で内容が見れたりします。


その他にも、世界各地で国際アニメーションの映画祭が開かれておりコンペ形式で作品を募集してます。


今年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルはオンライン公募だったようで誰でも2000円程度で参加できたようです。


これらのフェスティバルは見て楽しむのもそうですが、自分が作品を作り参加することも可能なところが夢があります。


これからの時期は、

新千歳空港国際アニメーションフェスティバル


各地で行われているとなかなか足を運ぶのも難しいことも・・・


私自身が普段見に行く、国際アニメを上映する映画館

下北沢トリウッド

近年では話題になったアニメーションのリバイバル上映をすることで有名になりましたが、若手のクリエイターが制作する映画や、ショートショートなどの短編映画を上映する映画館でした。


2011年までは毎年「世界のアニメーションシアター」国際アニメーションを上映していた実績があります。

2019年ではクラウドファンディングで上映できたようです。

それ以外の時でも、短編アニメーション特集をしている時があります。

東京藝術大学大学院アニメーション専攻の方や各芸大・美大生の作品を見れたりします。


ユジク阿佐ヶ谷

以前はラピュタ阿佐ヶ谷で世界のアニメーションを上映していましたがこちらになったようです。

ロシアアニメやチェコアニメを上映していたりします。

毎年3月くらいだったと思います。

8月23日から休館しているようです。


割とニッチなジャンルですので、いつもありつけるわけじゃないので、注意して定期的に見ていないとわからないです。

ただでさえ、お金にはならない世界というか、より文化的というか、難しい世界だと思いますので、今後も注意深く見て、応援していけたらなーと思います。


もし、自分が制作してアニメ映画祭に出たいという場合、こちらのサイトなどでもまとめて紹介してます。

賞金が一応ありますので挑戦したい方は応募してみると良いと思います。

GALACOLLECTION






0 件のコメント:

コメントを投稿